So-net無料ブログ作成

ビリギャルの原作者「坪田信貴」先生が教える奇跡を起こす3つのポイント [映画]

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話




高校2年の夏に偏差値30、小学4年レベルの学力しかなく、高校の教師からは「人間のクズ」と呼ばれたこともあった小林さやかさん。

聖徳太子を「セイトクタコ」と読み、九九の3×4(さんし)を「いらっしゃーい」と答えたとか。そんなビリギャルだった彼女が通い始めたのが、地元、名古屋市の塾。

そこで出会った塾講師の坪田さんとの二人三脚の受験勉強の結果、慶応大学に進学を果たした。ビリギャルを描いた坪田さんの著書はベストセラーとなり、5月には東宝から映画公開される。昨年結婚した小林さんは現在フリーのウエディングプランナーとして活動している。

坪田 信貴(つぼた のぶたか)先生とは

株式会社青藍義塾 代表取締役 塾長。学校法人大浦学園 理事長。

自ら生徒を指導する教育者でありながら、同時にIT企業など複数社を創業した起業家であり、それらの経営者でもある。

その活動の場は日米にまたがり、ネイティブ並みの英会話力を誇る。TOEICは990点(満点)。

これまでに1,000人以上の子どもたちを個別指導し、心理学を駆使した学習指導法により、生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある。教え子には、「高3の夏まで文系クラスだったが、その後、理系に転向して国立大学医学部に合格した女の子」「高3時に学年で100番以下だったが、東京大学に合格した男の子」など、異例のエピソードを持つ者多数。

そんな坪田先生が、受験だけでなく社会でも使える、あなたにも奇跡が起こる3つのポイントを伝授します。




【動画】坪田信貴先生が教える奇跡を起こす3つのポイント



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。